モラトリアム脱出したい学生の毎日

大学生活3年目…学生でいれることも残り少し。大人になるために、自分と向き合います

Twitterについて思うことたち

 

私は、Twitterが苦手だ。

 

 

アプリはスマホにいれ、自分もアカウントをもって利用しているけど…

Twitterについて思うことを正直に言うとすれば、、、

私にはあまりフォロワーがいないから、需要がないと感じて、嫌い

なんとなくみんなの状況が気になってつぶやきやプロフィール画面を見ては、

その人を勝手に分析して、自分の中で批評している。

 

それが果たして、私の生活にどう影響してるかなんて、全然わからない。

 

 

本当の気持ちは、きっと嫉妬心や、尊敬、見下す優越感だったりする。

 

ある人の充実した生活を垣間見ては、自慢じゃんとバカにし、本当は嫉妬でいっぱい。

ある人のマイナス発言を読んでは、かまってちゃん、被害妄想だとバカにする。

 

そういうツイートは私を不快にする原因。

ただの面白いニュースや、動画、画像や発言ならば、問題がない。

 

そしてたまに自分も負けじと、何かをつぶやく。

 

別に誰に見てもらわなくてもいいなんて思ってない。私のこんなところを知って、と

承認されたい、尊敬されたい、褒められたい

そんな気持ちが心に渦を巻いている気がした。

 

その点、このブログでは人目を気にしないし、本当に自分のために書いているので、楽だ。…だけど少しだけ不安を感じているのは、やっぱり、もし誰かに見られて、批判されたら、っていう気持ちがあるからなんだろうね。

 

どうしてこういう考えから抜け出せないんだろう。

人目を気にせず、自分をきりひらく人生が私が本当に望む人生のような気がするのに。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいや。

Twitterは苦手だけど中毒性があって見事にそれにつかまっている私。

 

みんながどんな気持ちで、それらの言葉をツイートするのか、気になるだけ。

ひねくれた私は、言葉を深読みして、適当にそれらしく理由を考えちゃうから、ひどい奴だよね。

よく考えたら、そんなこと、自分にはなにも関係のないことだったりするのに。

 

本当のところ、みんなお互いどうでもいいんだけど…その中で自分のことはを知ってほしくて認めてほしくて、かっこいい自分、かわいい自分、頑張ってる自分、かわいそうな自分、新しい自分、本当の自分、残念な自分なんかを、つぶやきに託してるのかもしれない。

 

少なくとも私は、そうかもしれない。

他人の情報は、ついでに見るだけ。

 

怖いなあ…本当のところがわからないってこんなに怖いのか。

 

そのまんまを言葉にしてるから、理論なんてとおっていない。

それでも自分を好きになるきっかけになれば。

 

 

そしていつも、結論なんてでない。