モラトリアム脱出したい学生の毎日

大学生活3年目…学生でいれることも残り少し。大人になるために、自分と向き合います

考えすぎた後は… *日常3*

 

考えすぎていた。

昨日に続いて、不安な気持ちが増大していって…悲しい気分がとまらない。

 

いわゆる鬱状態から抜け出せないでいた。

 

どうしてこんなに悩んでるのかって、考えてるのかって思ったら

全部就活のせいだった。就活に対しての自分のイメージや莫大な不安がただただ自分を悪い方向へ導いていたのかもしれない。

 

親と電話して、いつも通りひねくれた素の自分を出して、そんな中将来の話をしていたら…

”お前はいつまでも夢みてばっかり”

と極めつけの一言を。

 

心がしぼんで、真っ暗な闇が頭の中に侵略していくような気がした。

私の中に綺麗な心がないような状態。もう、最悪の精神状態になった。

 

確かに、思い描くものの大きさに対して結局のところそれに近づいたり、大きな変化があるわけでもない。当時はそれしか目になかったものも、将来はそれだと思ったものも、気が付けばまったく違う道にきていたり。

思い描くことはいくらでもできる。

 

本当にそれをやるかやらないか…やったのかどうか、やっているのかどうかで、世の中の人は私を判断するのは当たり前の事実だよね。

夢をみて、それにまっすぐ向かっていかないことに言い訳をして今まで生きてきた。

 

でも今の自分はやったことたち、自分ができたことたちで成り立っているわけだから、嫌がりながらも勉強したから大学に入れたのだし、練習をたくさんしたから楽器が弾けて、音感もある。その時に、やる気があるとかないとか、そういうことじゃなくて…

そんなのはどうでもよくて、人が見ているのは結果。よくも悪くも、やった事実が全て。

 

そんな世の中に私たちは生きている。

心の中で考えていたこと、計画していることは自分以外の誰にもわかるわけないのにそんな自分を評価しろ、認めろなんておかしいことだった。

 

心配しすぎて、動けなくなってしまったらそれで終わりだ。

 

就活の時期、悩むことはたくさんあって…焦ることも、後悔することも、数えきれないくらいある。そんな状態の中に、今日を生きる自分を放り込んでしまったら…本当に楽しい時間は、今の自分には与えられないような気がする。

 

よく人々がいう、今日まででこれはおしまい。これからはけじめつけて、次のことを全力でやるって決めた。

例えば、引退ライブが終わったら就活モードになる!とか、引退試合が終わったら受験勉強はじめる!とか。

これで区切りがついて、全力でそれができるなら…その人はそれでいい。

 

でも今の私には区切りがついてない。

 

区切りがついていないうえに、いざ就活はじめようってなったときにやりたい事ややるべきことが見えてこない。あれ、結局自分ってなにがしたいんだっけ? となってしまうのがオチだ。

 

人に夢を言うことは、人に認められたいから。すごいね、あなたは特別だね、って言われたいから。だから、大きな大きな夢を語るだけ語る。

 

痛い。本当に、痛い。

 

そういってしまった自分に後悔して、またその夢をかなえられない自分のプライドはもうズタボロになる。

さっきもそう、親に夢を語ったと同時にきた劣等感、疲労感。

 

それって本当に夢を語っているわけじゃない。語ってるふりしてるだけ。そんなのは聞いている人にも伝わっていて…だから本当に応援なんてするわけない。

 

死にたい と検索していた。

 

今までは、死にたいなら死ねばいいと、死にたいという人に投げていた言葉も今自分に投げかけても、苦しさが倍増して悔しさも倍増して…。

 

じゃあ死ねば?今すぐ死んでいいよ  って、自分に言った後に死ねないのは…自分の愚かさや情けなさを強く強く感じる瞬間だ。

 

 

死にたいと検索したら、他にも同じような理由で、同じように死にたいという人がいて、とある悩み相談サイトで返信をもらっていた。

その返信には、

 

将来を考えれば、誰も悪いことしか思い浮かばない。

でも、今考えた将来と、実際に訪れた将来は全然違うものだったりする。

だから考えすぎて今を苦しく生きるより、

今を生きればいいのでは?

 

といったメッセージがあった。

 

簡単なことにみえて、当り前のようなことにも見える。

でも、悪循環の鬱状態に陥っている自分を、救ってくれた気がした。

 

私にはわからなかった。今を生きるなんてことが。

 

生きているのに、不安で将来のことばっかりで…でも、案外他の何か楽しいことをみつけると、そんな悩みそっちのけでうちこんでいて。そういう日々が楽しかったな、と思い出に変わる。確かに、友達といるとそんなこと考えなくて楽しい時間を過ごせるのに、一人になったとたん、鬱になる。

 

暇な時間があると、余計なことを考えるっていうけどそれは本当だね。

そういう状態におちいることを人は、充実していないというだろうね。

忙しくて、時間がないんだといえば、みんなそれを充実してていいじゃん、という。

だからその反対で、忙しくない人のことを不充実っていえるよね。

 

一人とか、みんなでいるとかって本当は関係なくて…一人の時の方が考え込みやすいのは当たり前なんだけど…一人でいても今を充分に楽しめるし、それは悪いことじゃない。テレビやゲームにずっと夢中でも、それは充実しているって言っていい。

 

勉強とか、練習とか、なにか努力しているようなことをしていることだけが充実ではない。

自分が楽しいと、やりたいと思えることは人生を充実させることだ。

 

考えすぎちゃいけないね。

 

言い訳はしない。下手な理由をつける自分にもなりたくない。

 

考えすぎたのはなにかのせいとか、そういうことが言いたいのではない。

 

 

私は、今を生きる。この言葉だけじゃわかりづらい。正しくは今するべきことをするし、楽しいこともする。

つまり、

 

今何かやる。寝るでもなんでも。

 

将来のことは考えない。

 

 

考えすぎて、何かいいことがあるわけじゃない。私には今強く思う本当の夢も、決められた将来もないから。

 

今何かをしたことが、もしかして将来のきっかけにでもなるかもしれない。

 

そういうことにしておこう。…多分そういうこと。

 

就活目前にして、今を生きることに全力を尽くしたいと思う。

 

バイトがあるから楽しくない日だな、とか、テストがあるから嫌な日だ、とか…

それは違う。どんな毎日でもどんな瞬間でも自分が楽しい!って思うかどうか、それだけ。

きっと、どんな時間も楽しく過ごそうって思えばできる。

 

私はそう生きてみたい。楽しいって範囲はものすごく広い。

 

でも楽しいことって、自分の幸せにつながっている気がする。

 

今日をどれだけ楽しく過ごせたか…

 

これから振り返る毎日は、これがテーマ。

 

PS:毎日楽しそうにしている隣の友達になんかむかついていた。そんな自分も自分なんだけど、今は違った感じ方ができるのかも。