モラトリアム脱出したい学生の毎日

大学生活3年目…学生でいれることも残り少し。大人になるために、自分と向き合います

感情のコントロール

 

今日一日の半分以上を、私は不機嫌で過ごした。

 

どんな性格診断や、占いをしても、必ずといってよいほど書いてある私の欠点がある。

それは、

 

感情で動くこと

 

 

感情に支配され、感情に負ける。

 

そんな経験を嫌というほどしてきた。

そして、それは時に人を傷つけることもある。

 

私の感情は、私によってコントロールできていない。

 

気分転換など、そんなこと容易にできない。

というか、何か気がまぎれることをしても、そのことを思い出すだけで腹が立つ。

 

そしてそういう自分自身にも、腹が立つ。

 

 

悪循環のはじまりだ。

 

 

思いきった行動ができるのは、その一瞬、一時の高揚した感情からだ。

怒りもそれと同様、感情がわきおこれば、なかなか回避できない。

 

 

感情とつきあうのはめんどう。でも、感情がなければ、きっとつまらないのも確か。

 

 

他の人よりも、感情に支配されやすいのは、

一体どうすれば治るのだろうか。

誰かに迷惑をかけ、誰かを傷つけ、そして自分自身も傷つける。

 

たった一時の感情で、すべてを無駄にしかねない。

 

感情ごときにどうして打ち勝てない。

 

試行錯誤をしても、結局はその時感じたことが、すべてを支配する。

 

 

感情のコントロールができれば、

 

「大人だね~」「成長したね~」「けなげだね~」

 

なんて言われるのだろうか。

 

世間の人々はきっと上のようなことを口にするだろう。

感情に支配されないことが、大人になるということであろうか。

それなら自然と、大人になれる日がくるのだろうか。

 

 

でも、私の場合…これは先天的にもつ性質かもしれない。そんな気がする。

 

 

私は思うことがある。

 

感情を押し殺すことについて、私はいつも理解できない。

 

どうして、本当に思ったことや感じたことを隠す必要があるのか。

なぜ、自然な感情を押し殺してまで、そうでない自分を演じるのか。

 

世間体を守るため?はたまた自分を守るため?人を救うため?

 

 

嘘をつくことはよくないというのに、なぜ自分に嘘をつくの?

 

自分に嘘ついたことを、優しい嘘だのなんだの言って正当化するの?

感情をそのまま外にだしてはいけないのか?

 

その感情が楽しいものや嬉しいものじゃないとしたら、

それは押し殺して隠しとおして、無理をするのか?

 

それが大人だっていうのか?

 

疑問はどんどん増えていくばかり。

 

 

大人になるのは到底無理な気もしてきた。

大学生になってもう3年目なのに、大人に近づくどころか対抗したいという気持ち。

 

みんなそうやって、大人になっていくの。

 

そんなこと、理解できやしない。

 

 

でも、感情をそのまま感じることで私は失敗を招く性格のようだ。

それはなんとなく今までの経験からもわかる。

 

感情を感じず、いつも冷静でいることなんて、絶対に無理に近い。

 

どうすればよいのか、わからなくなってきた。

 

 

でも一つだけ、思いつくとしたら

 

受け入れる

 

という言葉が、頭に浮かんだ。

 

それはどこかで、何かの時に私が修得したような哲学的な話で出てきた言葉。

 

受け入れることの難しさを私は知っている。

だけれど、受け入れることで得ることも、なんとなくわかる。

 

 

今日だけではこの問題は解決できない。

もう少し、向き合って考えて答えを出したい。

 

 

感情のコントロール

受け入れること

 

 

これがきっと私の課題の一つなのかもしれない。