モラトリアム脱出したい学生の毎日

大学生活3年目…学生でいれることも残り少し。大人になるために、自分と向き合います

遠距離恋愛2

 

 

 

何をしていても、思い出してしまう。

 

悲しいくらいに鮮明な記憶が、私の頭の中にあって

それがあらゆる現実のものと結びついては、

私の心に響きかける。

 

 

 

そんな体験をしたことある?

 

 

忘れたくないことばかりだけれど、ずっと覚えていれば

辛いのかもしれない。

その人がいなくても頑張れるということを世界に証明し続けないといけない。

 

それが前にすすむということで、そこにマイナスな感情はもっていけない。

 

 

心から大切な人がいる瞬間を、経験してしまったら

その人がいない世界を過ごすことが辛くて辛くてしかたがない。

 

その人がいた場所に行くことが辛く、とても心にのしかかってくる。

 

でも、その一瞬一瞬が本当に幸せだったと思う。

 

 

だから、その幸せに勝てる幸せが訪れるまで、

どうにか自分を保っていかないといけない。

 

 

なんてつらすぎる。

これを糧に生きろなんて、神様はとてもストイックだね

 

 

 

 

これは

 

 

喪失感

 

 

 

喪失感を、経験したのは

人生で二度目。

 

 

一度目は、大切な家族だった愛犬。

 

彼と呼ぶ、その私の犬は、

私にとってとっても特別だった。

 

小さい頃から一緒にいたから。

私の心の中にいつも寄り添ってくれていた気がした。

彼を思い出せば、思い出すほど悲しくって仕方ない。

 

思い出さないように、でも忘れないように

それはっきりいって難しい。

 

技術がいる。

 

思い出さないように生きることと、忘れないように生きること。

 

 

 

その人やその瞬間、ぬくもりや言葉

 

全てのものが

その時自分の幸せになっていて、その幸せが大きいほど喪失感も大きい。

 

 

喪失感が容赦なくふりかかってくる。

 

気を紛らわそうにも、紛らわすことができない。

寝たとしても、夢に必ず登場する。

 

 

喪失感は遠距離恋愛最大の、壁かもしれない。

 

 

でも喪失感には負けたくない。

素晴らしい思い出と、希望が、私を歩かせる。

 

 

 

思う存分、今は喪失感にひたってやるけど、

負けを認めたわけじゃない。

 

私の大嫌いな喪失感を、私の力の一部にしてやる。

 

 

でも今日はまだ喪失感が消えない。