モラトリアム脱出したい学生の毎日

ブログを更新しないまま大学4年生になりました。最後の学生生活。思ったことや考えたことを記しておきます。

不思議な関係?

 

なんの衝突もなく、なんのいざこざもない、とっても平和な関係。

 

それは、私と彼の関係。

 

 

何かがありそうで、何もないふりなのか、本当に何もないのか…

わからないけれど、このままの関係がとっても心地良い気がしている。

 

男女の友情は成立すると、今なら思えるかもしれない。

 

でも、一歩踏み込めないだけで、お互い躊躇しているのかもしれないと思うことも。

 

彼氏彼女のような頻度で会っては、たわいもない話をしながら楽しい時間をすごす。

まるで少年少女にもどったみたいに。

大人と子供の境目を生きている大学生だから、たまに純粋にいざこざを避けた雰囲気を醸し出せるのかもしれない。

 

きっとこの関係を、友達に打ち明けたなら、なんてもどかしいのだろう、本当に何もないのか、男女が一緒にいてそれか、なんなんだそれは、とでも言われるかもしれない。

 

でも、現状はこの 平和な関係 である。

 

私が子供なだけなのか、お互いが子供だから波長が合うのか。

それとも、色々な複雑さから逃れたいからこの純粋な雰囲気やひとときをお互いが自然と求めているのか。

 

それでも、楽しいという気持ちが根源にあって、この時間が平和で愛しいものだと強く感じているのは、確かなことなんだ。

 

この関係を続けていったら、どうなる?

 

そんなこともたまに考える。

でも、平和で自然な関係が、私は心地よいから、このままふわふわとまっていそう。